むち打ち症について(交通事故等による)

むち打ち症は交通事故等の強い衝撃によって、首がムチのようにしなり首の関節(頸椎)の靭帯、筋肉等の組織が損傷することを表すもので、外傷性頸部症候群という症状名がつけられます。また、頸椎(頸部)ねんざ、頸部筋挫傷とも言われます。

事故直後や受傷直後から症状がでることはもちろんですが、受傷後何時間後や翌日から痛みや症状が強くなるということもあります。

患部(首)の痛みだけではなく、頭痛や吐き気、目まい、だるさ等様々な症状が合併することもあるので、そういった場合は単に筋肉やじん帯の損傷だけではなく神経や頸髄にも問題があるかもしれないので注意が必要です。

首の痛みや軽い症状でも筋肉やじん帯は傷んでいることが多いので、受傷直後は首を引っ張ったり(牽引)することは決して行ってはいけません。

また、交通事故では首からの影響も含めて強い衝撃が全身に伝わるので、背中や腰にも痛みが出ることもよくあります。

ブレス整骨院では手技だけによるソフトな整体法で患部の緊張をゆるめるだけではなく、全身の状態をみて循環を良くしていくことで、症状の改善を早めていくように施術していきます。muchi

症状別一覧を見る>>