スポーツによるケガ スポーツ障害について

スポーツや運動をすることは体や精神的な面にとって非常にいいことだと思います。
ですが、同時にケガやいろいろな障害(痛み)が発生してしまうこともよくあります。

捻挫や筋肉の損傷など突発的なことが多いと思いますが、実は必然的に起こってしまっていることも少なくありません。身体(背骨、骨盤、各関節等)のバランスが悪くなっていたり、内臓の機能が低下していることによって、筋力(支える力)が弱くなってしまい、スポーツでの動きに対応できなくなってしまう部分が出てきて痛めることがあるのです。

このようなときは、単に痛めた部分を安静にする処置ではなかなか改善していきませんし、再発を繰り返すこともよくあります。ブレス整骨院では、急性期(ケガをして間もないもので腫れや熱感が強い)の場合、まず炎症を軽くするためにアイシングをし、その後、関節や筋肉のバランスを整える施術を行い、患部の安静を保つために包帯やテーピングで固定を行います。

急性期を過ぎた場合やだいぶ前に痛めた、何度も同じところを繰り返し痛めているといったときは、関節のバランスを整え、筋力低下を起こしているかどうかチェックし、あれば、その原因となっている他の関節のバランスや内臓の機能を整えていきます。

固定に関してですが、あまりにも症状が強く、日常生活に支障をきたす場合にかぎり行い、そうでなければあまり強い固定は施しません。固定することで、回復していく際に関節の歪み等を起こしてしまい、なかなか痛みがとれなかったり、再発を繰り返すといったことがあるのです。

 骨折や脱臼がある場合は応急処置をしてから、病院での受診(レントゲン検査等)をお願いしますのでご了承ください
menu03_img32

症状別一覧を見る>>