坐骨神経痛について

坐骨神経痛とは臀部(おしり)を通る坐骨神経が何らかの原因によって、臀部や、そこから脚へ通る範囲で痛みを発する症状の総称であり、病名ではありません。

その原因は様々であり、腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、腰椎分離症といった腰の疾患からくるものが、よく知られていますが、それらの疾患がみられないこともあり、根本的な原因を特定することは難しいです。

臀部の痛みを中心として、太ももから足先まで痛むこともあり、しびれを伴うこともあります。また、ひどくなると筋力の低下が起こります。

ブレス整骨院では、坐骨神経を圧迫していると考えられる筋肉の緊張をとるために、骨盤、背骨等のバランスを整え、場合によっては内臓のチェックをし、調整を行います。

※ 坐骨神経痛症状は筋肉や関節のゆがみに問題があるものだけではなく、様々な疾患の症状としても起こることがあります。腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、脊髄腫瘍等の疑いがある場合は、病院での受診をお勧めしますのでご了承ください。8677529_n

症状別一覧を見る>>