手のしびれについて

指、手、腕にしびれが起こっている場合、神経が圧迫されているケースが多くあります。神経が圧迫され続けることによってその流れが悪くなり、しびれ(異常な感覚)が発生してしまうからです。

 

腕から手に繋がる神経は頸椎(首)から出ており、首から肩を通って指先まで繋がっていて、その途中で筋肉や骨と骨の間を通っているので、要所要所で圧迫されやすいところが出てきます。

 

主な部分としては、首と肩に繋がっている斜角筋の間、鎖骨と肋骨の間、肩と胸に繋がっている小胸筋の間などです。(胸郭出口症候群と呼ばれています)その他に肘や手首で圧迫されることもあります。(肘部症候群、手根管症候群)

 

筋肉の緊張が強くなったり、姿勢が悪くなったり(猫背、なで肩)、手や肘に負担のかかるようなことが続くと発生すると言われています。

 

当院の施術としては、まずどの部分で神経の圧迫が起きているかを探し、更に圧迫を起こすもととなっている原因(筋肉の緊張や姿勢など)に対して施術することによって、根本から改善させていきます。

wansinkeisou1

 

症状別一覧を見る>>