肩関節周囲炎(五十肩)

肩関節の周囲にある組織(腱、じん帯、関節を包む膜)が炎症を越し、肩を動かす(腕を挙げる)際や安静時(特に夜間)に強い痛みを感じます。

40代~50代以降に多く見られ、関節を構成する筋肉やじん帯の老化が原因であると言われています。肩を動かす際の違和感から始まり、徐々に運動の制限が大きくなり、痛みを伴ったものになってきます。

転んで手をついたりしたことをきっかけに始まることもありますが、その場合腱板断裂という重篤な症状になっていることもありますので、そういった時には病院での受診をお勧めします。また関節内に石灰が沈着する石灰沈着性腱板炎の場合は、あまり前触れもなく急に激痛が起こり腕を動かすことができなくなることがあります。いずれにしても急激な強い痛みの場合はまず病院での受診をしてください。

ブレス整骨院では五十肩の場合、強い炎症が治まっている状態から施術を行います。まず痛みや炎症を軽くさせる手技を行い、その後、肩関節周囲の筋肉の緊張を取ります。また肩の筋肉を緊張させ、運動を妨げていると思われる部分(肩以外で)の緊張やゆがみをとることで肩の運動をしやすくさせていきます。そうすることで、肩が動かしやすくなるので、改善のスピードが速くなっていくのです。

肩、腕の違和感を感じたら早めの治療をお勧めします。original10_img02

症状別一覧を見る>>