骨盤矯正について

骨盤は仙骨とその両側の寛骨(かんこつ)という骨で構成されていて、その2つが組み合わさった部分を仙腸関節といいます。

人間は2本足で歩くようになったので、身体を支えるため骨盤部分に非常に負担がかかります。そのため仙腸関節は関節とはいえ、ものすごく強靭な靭帯の結合で骨盤を固定しています。

しかし、わずかですが仙骨を中心として回転したり、上下に動いたりといった可動性があります。そこで関節に負担がかかりすぎると歪みが生じてくるのです。

人それぞれ生活習慣や環境が違います、右利きだったり左利きだったり、デスクワークだったり肉体労働だったり、そういった状況で身体のバランスや姿勢もいろいろと違ってきますから、大抵の人は年を追うにしたがって骨盤や背骨の歪みが生じてきます。

ですが、日常生活の中で過剰に負担がかかるようなことが起こり、許容範囲を超えた歪みが生じてしまうと、腰や肩など様々なところに痛みや違和感を感じるようになります。

ずっと座りっぱなし、立ちっぱなし、無理な姿勢が続いたり、内臓の負担が骨盤周りの筋肉を弱くさせるといったこともあります。また特に妊娠、出産では骨盤がゆるみ、広がりますので歪みが生じやすくなります。

ひどく歪んだ状態をそのままにしておくと、全体のバランスが悪くなり、後々いろいろな症状が引き起こされる可能性があります。骨盤矯正には賛否両論ありますが、骨盤のバランスを整えることは必要だと考えています。
kotuban

ninpusebone

症状別一覧を見る>>