椎間板ヘルニア

腰の痛み,足の痛み、しびれ、足に力が入らない。

また、首の痛み、腕と手の痛みやしびれといった訴えで来院される方の中で、椎間板ヘルニアと診断された方が少なくありません。

そういった中でもほとんどの方が2~3か月前からや、半年、1年前から、中には何年も前に診断されて、症状を繰り返している(痛みが出たり治まったり)という訴えで来院されます。

椎間板ヘルニアが起こるメカニズムとは?

脊椎(腰椎、頸椎)の関節と関節の間にある椎間板が飛び出してしまい、神経を圧迫や刺激することで、痛みやしびれといった症状が出ると考えられていますが、もう少し掘り下げていくと、脊椎を支えているのは筋肉なので、その筋肉が正常に働かないと身体(脊椎)を支えられず、バランスが悪くなり歪みやねじれが起こります。

例えば、腰の右側の筋肉が弱くなってくると左で支えるようになり、体は左に傾いていきます。

左右だけではなく前後でも筋肉のバランスはありますので、椎間板への負担も偏っていき、それが長期間続くと椎間板がつぶれて飛び出してきてしまいます。

頸椎(5~7番)、腰椎(4~5番)は特に動きや荷重の負担が激しいところなのでヘルニアが発生しやすいと言われています。

筋力が低下してしまう原因としては、精神的な(脳への)強いストレス、ストレスが長時間続いている、内臓の問題(手術)、頭や身体に強い衝撃を受けた(交通事故など)といったことが考えられます。

ブレス整骨院での施術について

上記したことから根本を改善させていくためには、脊椎を支える筋力を正常にしていかなければなりません。

まず最初に脊椎に関係している筋肉の筋力検査を行い、どの筋肉が筋力低下を起こしているかチェックします。

そして、神経の流れがおかしくなっていないかどうかの検査も行い、神経の流れを整えるために頭蓋骨の調整をします。

頭蓋骨の調整はやさしく頭に触れていく施術ですが、頭蓋骨の歪み、緊張をとり、血流を良くし脳の緊張をとることで神経の流れを正常にさせていき、その後骨盤背骨の歪みを矯正します。

骨盤背骨の矯正はボキボキやらずに、ゆっくりと弱い圧力を持続的に加える方法なので痛みや危険はありません。

椎間板ヘルニアと診断されたという方の多くはかなり前からの症状があり、悪化と緩和を繰り返しているようなケースなので、何回で改善するとかどれくらいで必ず良くなるということは断言できません、個人差はかなりあります。

当院での症例からですと3か月~半年ほどで改善されるケースが多く見られます。

まず週に2回のペースで1か月ほど通院していただき(8~10回)その後経過を見て1週間に1回、2週間に1回と間隔を空けていき、完全に症状が消失すれば終了となりますが、症状の原因がストレスや生活リズム、過去にあった出来事なので、その後2週間~1か月に1度のメンテナンスをお勧めしています。

※今回記載した施術に関しましては、あくまでも腰や足の症状に対する施術ということになります。
椎間板ヘルニアに対する施術という意図ではありませんのでご了承ください。
また施術対象としましては健康保険の対象とはなりません、ですので自費施術料金での施術となります。

症状別一覧を見る>>